スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<普天間移設>照屋議員ら平野官房長官に抗議 斟酌発言で(毎日新聞)

 社民党の照屋寛徳国対委員長ら沖縄県選出の与党系の国会議員で作る「うるの会」のメンバーが28日、首相官邸に平野博文官房長官を訪ね、平野氏が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非が問われた名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と発言したことに対して抗議した。

 照屋氏らは「発言は沖縄県民にショックを与えた」と指摘。平野氏は「誤解があった。民意は尊重する」と釈明する一方、「移設先はゼロベースで検討する」と、現行の移設案を排除しない考えを強調した。照屋氏は会談後、記者団に「長官の真意は理解した。(現行案の同県名護市)辺野古沖に基地を建設すべきではないという我々の考えは伝わっていると思う」と述べた。【白戸圭一】

【関連ニュース】
普天間移設:米次官補が近く沖縄へ
普天間移設:「覚悟持ち5月までに」首相
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
小沢幹事長:稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」

「朝青龍に殴られた」被害者が警視庁に相談 被害届は出さず(産経新聞)
囲碁の謝が女流3冠独占(時事通信)
ブログ市長、庁舎内撮影禁止を一方的通告(スポーツ報知)
陸山会の不動産保有、首相「普通の議員では無理」(読売新聞)
脱走した「北限サル」無事に捕獲 上野動物園(産経新聞)
スポンサーサイト

首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)

 鳩山首相は22日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で逮捕された同党衆院議員の石川知裕容疑者について「起訴されないことを望みたい」と述べた前日の発言を撤回した。

 首相は「捜査で無実が証明されれば良いがなあ、との思いで申し上げた。検察に介入する意図はない。もし誤解を与えてしまうのであれば撤回する」と語った。また、「多くの国民の支持で当選させていただいた議員の逮捕は遺憾なことだ。取り調べの結果、起訴されれば大変申し訳ない」とも述べた。

 自民党の茂木敏充氏の質問に答えた。

 衆院予算委に先立ち、首相は22日朝、首相公邸前で記者団に「起訴されないことを望みたい」と発言した理由について「仮定の質問をされたから、そういう仮定がない方がいいと言っただけの話だ」と釈明した。

俳優の夏夕介さん死去(時事通信)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
アナログ放送を48時間停止=地デジ完全移行へリハーサル-石川・珠洲市(時事通信)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
男児の裸写真をネット公開、容疑の男逮捕 警視庁(産経新聞)

<自殺>高1長男、警官の父親の拳銃使用?岡山の駐在所(毎日新聞)

 21日午後4時半ごろ、岡山県新庄村の県警真庭署新庄駐在所で、同駐在所勤務の香山修一巡査部長(55)が、高校1年の長男(16)が自室のベッドで頭から血を流して死亡しているのを発見した。長男の手元付近に巡査部長の拳銃があったことから、県警は拳銃を使って自殺したとみて、巡査部長から事情を聴くなどして調べている。

 県警によると、長男が居室に使っていた6畳の和室は、戸が開かないように内側から細工されていた。遺書などは確認されていないという。使用した拳銃は回転式で、内規では通常、駐在所の保管箱に鍵をかけて保管することになっており、県警は当時の保管状況などを調べている。

 香山巡査部長は04年3月に同駐在所に赴任。死亡した長男のほか、妻(54)と中1の次男(13)の4人暮らしで、長男は鳥取県内の高校に通学していた。近所の住民によると、長男は高校の寮に入っており、週末に帰宅していたという。【石川勝義、椋田佳代】

<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
個人資産4億数千万円=陸山会の土地購入時-積み立ては妻子名義・小沢氏資金(時事通信)
太陽光発電、来年度買い取り価格は48円据え置き(産経新聞)
8割がネットで公開=学校法人の財務情報-文科省(時事通信)
<振り込め詐欺>2グループ15人、未遂容疑で逮捕(毎日新聞)

残したジュースで発電、おもちゃエコカー(読売新聞)

 玩具大手のタカラトミーはソニーと共同で、飲み残したジュースで発電して走行する無線操縦カーを開発し、18~19日に東京都内で開かれた玩具業界の商談会「TOYフォーラム2010」に出展した。

 「おもちゃのエコカー」で、商品化を目指す。

 車本体には、乾電池の代わりに、ブドウ糖と酸素を化学反応させて発電するソニーの「バイオ電池」を搭載。ジュース8ccで、1時間程度の走行が可能という。

 タカラトミーは、太陽光発電で動く電車「プラレール」など多数の「エコおもちゃ」を出展。「子供たちが遊びながら環境について考えるきっかけになってくれれば」と話している。

7億円詐取容疑で近ツー元社員を逮捕 大阪地検(産経新聞)
ロープウエー地上30m宙づり、整備の2人乗せ(読売新聞)
首相「朝三暮四」と「朝令暮改」間違える(読売新聞)
恐喝容疑 出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)

「関西一の女相場師」に懲役3年求刑(産経新聞)

 株取引での高配当をかたり、多額の資金を集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)罪に問われた大阪府泉佐野市の主婦、岩田矩子(ともこ)被告(55)の論告求刑公判が21日、大阪地裁(出口博章裁判官)であった。検察側は「被害は甚大で出資者の処罰感情も厳しい」として、懲役3年、罰金200万円を求刑した。

 一方、弁護側は「出資者に迷惑をかけようと預かったわけではない」と情状酌量を求め、結審した。判決は2月15日。

【関連記事】
女相場師初公判 起訴事実認める
失跡の「主婦相場師」夫も出資法違反容疑で逮捕 大阪市内の病院で
泉佐野の女トレーダーを出資法違反罪で起訴
貸倉庫からパソコン見つかる 大阪・女相場師の出資法違反事件 
【衝撃事件の核心】関西一の女相場師逮捕 何もかも周到に準備?

民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
<新型インフル>東大、名古屋大など追試せず(毎日新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
東京・江戸川区の郵便局に強盗、500万奪う(読売新聞)

犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)

 警察庁は21日、「犯罪死を見逃しかねない」と指摘されている現在の検視体制など死因究明制度を強化するため有識者から意見を聞く研究会を、今月29日に発足させることを決めた。

 結果を踏まえ、中井国家公安委員長は、来年の通常国会にも検視や解剖の体制改善の関連法案を提出する意向で、欧米に比べ遅れていた制度の改革に向けた作業が本格化する。

 研究会には、千葉大の岩瀬博太郎教授(法医学)や東京都監察医務院の福永龍繁院長ら10人が参加。解剖率が高い米国などの制度調査も実施し、1年後をめどに提言をまとめる。検視官や解剖医の増員に向けた具体策のほか、東京23区や大阪など一部の大都市にしかない監察医制度を全国に拡大することなどが議論される見通し。

 警察が取り扱う「異状死」は2008年で約16万体に上ったが、検視官が現場に立ち会うケースは14・1%、解剖率は9・7%にとどまった。検視官や解剖医の不足が原因で、埼玉県警が捜査中の東京都豊島区の無職女(35)と交際していた男性らが相次いで不審死した事件では、東京都青梅市の男性(当時53歳)が解剖されないまま「自殺」と判断されていた。

蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中(J-CASTニュース)
在宅酸素療法中の火災27件=26人死亡、半数超は喫煙原因-厚労省(時事通信)
インド洋給油活動が終了=テロ特措法失効、8年で幕-海自撤収(時事通信)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
<私立中学校>愛知県内で入試始まる 23日は9校で実施(毎日新聞)

<警察庁>若い女性の防犯対策、不動産業界に呼びかけ(毎日新聞)

 広島県の山中で島根県立大1年の平岡都さん(19)の遺体が見つかった事件で、安藤隆春警察庁長官は21日、国家公安委員会後の会見で「学生寮管理者や不動産業界等の協力を得て、防犯指導やセキュリティー性能に優れた住居の紹介などの対策を推進する。近く関係業界に働きかけたい」と述べ、若い女性に特化した防犯対策に力を入れる姿勢を示した。

【関連ニュース】
コンビニ強盗:景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ
警察庁長官:貴金属店に防犯指導、実施を表明
リンゼイさん事件:警察庁が懸賞金支払い…4人に1千万円
警察庁:爆発物原料の管理対象を拡大
防犯カメラ:JR川崎駅で新型5台の試験運用 警察庁

強盗容疑で37歳男を逮捕=郵便局で500万奪う-警視庁(時事通信)
ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)
<石川議員逮捕>弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ(毎日新聞)
<告訴>ノリタケが子会社元従業員を 約4億円横領容疑で(毎日新聞)
<ノリ養殖>色落ち深刻、養殖網の一部撤去始まる/栄養塩不足が原因か(毎日新聞)

<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)

 岩手医科大学付属病院循環器医療センター(盛岡市)は19日、心臓の左心室と右心室の位置が逆になった「修正大血管転位症」の患者に、心臓から全身に血液を送る大動脈をつなぎ直す手術を施し、国内で初めて成功したと発表した。世界的にも成功例の報告は9例しかないという。

 同センターによると、患者は青森県在住の7歳男児で、今月6日に退院した。修正大血管転位症は左心室と右心室の位置が逆になり、両室の壁に穴が開いた先天性の病気。血液は本来、右心室から肺動脈、押し出す力の強い左心室から大動脈を伝って全身に流れる。しかし、同症の患者は力の弱い右心室が全身に血液を送るため、将来的に心機能が低下する恐れがあるという。

 手術は昨年12月1日に約9時間かけて施され、大動脈を弁ごと右心室から切り取り、本来の左心室側に付け直した。二階堂法といわれる手術で、通常は大動脈が左右逆の心室に付いた「完全大血管転位症」の患者に用いられるという。男児の場合は、肺動脈弁が小さく、従来の手法は難しいと判断された。

 執刀した猪飼秋夫准教授(心臓血管外科学)は「大動脈など心臓からの出口に疾患を抱える患者に二階堂法を応用できることを示せた」と話した。【山口圭一】

【関連ニュース】
ご近所のお医者さん:/94 大動脈瘤手術で実績=青木淳さん /香川
心臓移植:募金目標額達成 宮薗さん、目赤くし感謝の言葉--来月渡米見込み /福岡

対検察で小沢氏と共闘=大地・鈴木代表(時事通信)
センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
「被害受ける人に力を」=水面下の苦労大切に-博識、速い決断、池田・新警視総監(時事通信)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。